八大龍神宮 霊力を授かる旅

ことはじめの存在からの賜りもの

         平成二十七年五月二十五日


ここに集まって下さった皆さんに、お礼申し上げます。

皆さんが純粋な心のうちにここに訪れたことをとても深く受けとめています。

皆さんがこれまでの人生で出会ってきた良いことも良く思えないことも、それらのすべてが円となり、次に描き始める円の、最初の一筆がここにあるとして、

皆さんの今までの想像を超えた展開を迎えられるかもしれません。

それに対して皆さんの思いと天の意図が一致したところでその円が描かれるように、

皆さんの未来において、日ノ本が顕(あらわ)されるように、この力を授けます。

心より祝福をお贈りします。


M様

あなたが常に正しきことを求め、自分の身をさておいても成し遂げたいと思ったことに力を注いできたことを、私たちは知っています。あなたのその積み上げてきた時間に報われるこれからがありますように、祝福をお贈りします。これからあなたの心の真ん中より昇りたる思いを天の御心に適うものとして扱ってください。

あなたのその目に映るものの真理と質を見抜くを授けます。あなたはそれをもって相対する人の本質を見極め、その人の進むべき道を見通して、その人が天の意に適った生き方をするように導くのです。その力を使って活躍されることを祝福します。


E様

この地に生まれてあなたが現世と理想の狭間において、自分の道を模索して歩んできたことを私たちは受けとめています。あなたのその純粋な思いを私たちは喜んでいます。これからがあなたにとって満足のいくものであるように祝福します。

あなたの思い描くイメージが調和的であるということを天の意に適っているということを受け入れてください。

あなたに一振りの枝を授けます。あなたの行くところ、あなたのおこなうこと、あなたの話す言葉、それらのすべてが善きものの種として、この地に蒔かれるように。

あなたはわが枝に実った種をこの世界に蒔いていくのです。あなたがしてきたことの一つひとつの結果を待ちのぞむよりも、いつの間にかにそこで育ちやがては実を結び、その実を多くの人が分かち合うようになるなら、あなたの影響は知らないうちに多くの者の手に渡るでしょう。

どうかこれからは一つひとつの行いの中に、自分自身の種をこめておこなってください。

そこに天の恵みが結ばれますように。


S様

あなたが真実とそうでないもの、その間で模索しながらここに辿り着いたということを私たちは知っています。あなたのこれからの人生を自らの喜びを表現されるように祝福します。あなたの最後の壁が取り払われて人としての喜びをなしえるように願っています。

あなたにを授けます。鉢の内側に天からの恵みが満たされていきます。天からの恵みは鉢を満たし、そこからあふれ、あなたの周りの人をも潤してこの地を満たしていくことでしょう。

空に輝く星はあなたのこれからではなく、あなたの今を照らしています。どうかこの地で行うべきことを大地と共に成し遂げてください。天からの恵みは尽きることはありません。人との間においてあなたの幸せがあります。


K様

私たち、そしてこの地に天の意を受けてその命(めい)のうちにある存在を思いやっていただいてありがとうございます。あなたのその思いを自らへも向けて頂けるようにお願いします。

この大地に生まれたことの喜びと苦しみをすべての魂は感じています。しかし、魂は必ずや喜びの元に帰するのだということを知っています。あなたの役割は生きる喜びに導いていくことです。ひとつのものから分かれて、それぞれの資質を表すものとしてそのものになった、その本質を見極めてください。人生の描き出す様々な模様もまた、すべての生き物との調和を織り成しているということを伝えていってください。

あなたに織りを授けます。あなたは人と人の間を織り上げ、人と見えないものの間を織り上げ、それらを和に適った形に一つにしていきます。その完成図は天が持っています。あなたがその御心にかなうように間(ま)を織りなしていってください。


N様

この世界には二つのものが常に存在し、すべてがその間を行き来することで、やがては次の次元へと昇っていくものです。良いことの次には良くないことがあり、その次には良いことがあります。人はそのようにして人生を知っていくのです。その全体像を見た時には、あなたの目にはすべてが良いものとして映ることでしょう。

あなたの胸の奥にありますあたたかな思いを元に、この先のことを思い描かれるよう祝福します。

あなたにあの天にかかるを授けましょう。光は透明に見えますが何かを通すことによってその色彩を豊かにし、色の組み合わせによって多くの色を生み出していきます。それは何もないところから何かを生み出す力です。何も無いように見えるところにも光が満ちています。あなたはそこから色彩を生み出すことができます。闇が黒く見えたとしても、その中に隠れている様々な色彩をあなたは見出すことができます。あなたはあなたの心によって豊かな多様性を作り出すことができるのです。虹は弧を描き地の裏側で結ばれ、ひとつの円となります。あらゆることはそのように結ばれていくのだということを受けとめてください。

あなたが虹の輪を持って物事をくぐらせる時に、そのものにふさわしい色が何であるのかを知ることができます。あなたはそれを使って人に幸せの姿がどんなものなのかを気付かせていくことができます。最初にあなた自身がその輪をくぐってあなたにふさわしい色を見出してください。


藤田睦命

あなたが心の火を燃やし始めたことをうれしく思っています。あなたに与えられた任をなしとげ、この地上に本来の日ノ本を再興されるよう祝福をいたします。

もっと私たちを信頼し、心のままにこの舞台で活躍されてください。あなたの行いのすべてに天の祝福と応援があります。あなたの行うことのすべてに善き結果が訪れます。小さいことにとらわれずに自由に未来を思い描いてください。人々があなたを待っています。これからのご活躍を祝福しています。


美貴日十歳比売命

苦しみと悲しみはその役割を終えました。あなたが味わい尽くしたそれらのものは人類の器から取り除かれました。あなたが人知れず流した涙を私たちは知っています。その数に報いるだけの喜びがこれから訪れるように祝福します。あなたの胸に備えている光をこれからは開いて世界を照らしてください

あなたの行いのひとつ一つ人に天の祝福があります。あなたの喜びと天の喜びはひとつです。あなたの心のままに行きなさい。人の間に渡る知恵があなたをより祝福されたものへと押し上げてくれるでしょう。あなたのこれからはあなたの想像を超えたものです。どうか信頼してすべてを私たちにあずけてください。


皆さんのこれからに祝福を贈ります

どうか輝く人生をもってこの地上に和の国を顕現してください。

(手をつないで輪になってください)

ここにおいて世に先駆けて和の国が現れました。どうか皆さん一人は一人ではなく、命のつながりを通してひとつであるとこの中で体験されてください。各々が心の中心によって行うことのすべてが皆のためになること、それに矛盾が生じないということをこの中で体験されてください。皆さんの心の奥にある和の国の雛形を開かれるようお願いします。皆さんにその扉を開くカギをお渡しします。

ここより真の日ノ本が始まっていきます。それを持ち帰り周りの方につたえてください。

この輪がこの地に広がりますように。

             (おとりつぎ 藤田ひとみ)