平成25年4月27日

イベント ~日の本を啓く~ を開催させていただきました

この時代を輝く担い手たちへ

国を建てる時を共に創る

         ひのもとをひらく

~日の本を啓く~

 多くの人が厳しい時を

体験したかもしれません

今、この国の

あるべき姿に立ち戻り

新たな国づくりが

一人ひとりから再び始まります

 

平成25年

4月27日(土)

 

靖国神社にて

 

プログラム:

  12:50 集合(参集殿)

  13:00 昇殿参拝(本殿)

  14:00 開演(靖国会館)

 

講演 「日本の使命」   

   

   天河大辨財天社宮司 柿坂 神酒之祐 

 

 

天の河からのメッセージ  

   舞

 

参加費 5000(事前振込み.玉串料、会場費等)

  (終了後 直会(懇親会)ご飲食代3000円別途)  

主催:GloeShintoh (地球神道)

協賛:HENGMIN.

    NPO地球グリーンフォーラム

         アトリエふるーる・ど・くーる


天の河からのメッセージは、書籍「地球神道~神々の言伝篇」に収録されています。

柿坂 神酒之祐 (かきさか みきのすけ)

昭和12年奈良県吉野郡天川村生まれ。大峯本宮「天河大辨財天社」第65代目宮司を勤める。天河大弁財天社は、室町期の僧英俊による多門院日記に、「天川開山ハ役行者」と記述がある。天河大弁財天社の草創は飛鳥時代、役行者の大峯開山の際に蔵王権現に先立って大峯山で修行し、最大の行場が天河神社であった。弘法大師にまつわる遺品も奉納されている。ご祭神は市杵島姫命(別名:弁財天)。芸能の神として知られ、現在も芸能関係の参拝が多い。毎年7月16日から17日にかけて盛大に執り行われる例大祭においてのみご開帳され、各種祝詞・般若心経や神楽とともに、能楽やアーティストの演奏などが奏上される。